ミャンマーへ進出する方法

ミャンマーへ進出する方法

ミャンマーでビジネスを行うためには、個人、法人、契約(FC契約、販売代理店契約、パートナーシップ契約etc.)などの進出の方法があります。

特に、進出の初期段階において、多額の投資金額を投下し法人設立をするコストは大きく、失敗した場合のリスクも大きいため、ミャンマーでのビジネスが軌道に乗るまでは、現地パートナー(ミャンマー内国人・内国法人)などと契約に基づきビジネスを構築する形で、事実上のミャンマー進出を実現することも可能です(小規模投資、迅速性重視、進出トライアル)。

他方、一般的に進出形態として解説されるのが、当初から営業ライセンスを取得し法人を設立する形態です(大・中規模投資、権利保全重視)。

この法人を設立してのミャンマー進出の形態は、投資規模や資本金規模によって適用法が異なり(外国投資法、会社法)、MIC通達に基づく細かい業種規制も存在し、ミャンマーで行うビジネスの範囲に基づきライセンス区分や業種規制などを正確に読み解く必要があります。

当事務所では、クライアントのニーズに基づき、合理的なミャンマー進出形態を検証致します。

関連記事