倒産・事業再生

倒産・事業再生

当事務所では、資金繰りの悪化等の経営不振になった企業に対する倒産処理手続きを取り扱っております。
弁護士に依頼することで、金融機関や取引先債権者に対する対応を弁護士が代理することが可能となりますので、経営者やご家族の心理的な負担を軽減することができます。

また、平成26年に施行された経営者保証ガイドラインに基づく特定調停等の事案についても積極的に取り組んでおります。
経営者保証ガイドラインを活用することにより、企業の倒産のケースにおいても、代表者の連帯保証による破産を回避できる場合があります。