遺産分割

遺産分割

被相続人が亡くなられた場合、相続人間で相続財産を話し合って分け方を決めます。これを遺産分割協議といいます。
遺産分割の方法を指定した有効な遺言がある場合を除き,相続人全員で合意すれば、相続人間で自由に分割することができます(ただし、債務を除く)。

遺産分割協議は、特別受益や寄与分など難しい法的問題が絡むことがありますし、当事者同士では感情的になって話し合いが進まないといった事態が生じることもあります。

さらには、被相続人の財産がすべて明らかにならない場合もあります。

当事務所では、被相続人の財産の調査や、遺産分割協議の代理人、裁判手続等の案件を取り扱っておりますので、遺産分割手続きでお困りの方は、ご相談ください。

関連記事