遺言書作成

遺言書作成

ご自身の財産のうち,どの財産を誰に相続させるかは,「遺言」であらかじめ決めておくことができます。

相続は,「争族」とも言われるように,親族間の紛争の種になってしまうことがあります。ご自身が亡くなった後,このような争いを防ぐ方法としても「遺言」は有益です。

一般的(普通方式)な遺言には,①自筆証書遺言,②秘密証書遺言,③公正証書遺言の3種類があります。

また,遺言は民法に定められた方式で作成しなければ,せっかく書いた遺言が無効となってしまいます。

当事務所では,遺言を作成する方の遺志を実現するために,どのような遺言を残すかという依頼者の方のお話しを充分に聞いた上で、遺言作成のお手伝いをさせていただきます。

関連記事