財産分与

財産分与

離婚に伴い,夫婦で築いた共有財産を分けることを財産分与といいます。

夫婦共有財産があれば財産分与の請求が可能ですが,実際には財産分与について何の取り決めもせずに離婚しているケースが少なくありません。

どのような財産が分与の対象となるか,住宅ローンなどの債務をどのように扱うべきか,財産形成に対する夫婦の寄与度がどの程度かなど,法的問題が絡む事項が少なくありません。

夫婦それぞれの寄与度を適正に考慮した財産分与を実現するには,預金口座の残高の把握など相手方の財産に対する弁護士による調査が不可欠です。

また,財産分与の請求は,離婚から2年以内という期間制限がありますので注意が必要です。

当事務所では、離婚問題及び離婚に伴う財産分与が問題となる案件についても取り扱っておりますので、財産分与にお悩みの方は、ご相談ください。

関連記事