未払残業代

未払残業代

会社の指示で残業したにもかかわらず,残業代(割増賃金)が支払われないことが社会問題となっています。労働基準法では、会社は、原則として,従業員に時間外労働をさせた場合には,割増賃金を支払う義務が生じます。

現在は,労働審判制度が整備されましたので,裁判よりも簡易な手続きで、かつ迅速に解決することができるようになりました。

ただし,時間外に労働した事実を労働者側で立証しなければなりませんし,割増賃金の計算方法など専門的な知識が必要です。

また,この請求には2年の消滅時効が定められていることにも注意が必要です。

当事務所では、裁判はもとより、労働審判や会社との交渉などの法的手続きについて、それぞれの依頼者にあったベストな解決策をご提案致しますので、お早めにご相談ください。

関連記事