不当解雇

不当解雇

会社がその従業員を解雇するには,合理的な理由が必要とされています。

すなわち,その解雇が「客観的に合理的な理由を欠き社会通念上相当として是認することが出来ない場合」には,解雇権の濫用として解雇は無効になります。

解雇が無効になる場合には,従業員であることの地位の確認請求が可能で,職場への復帰できることがあります。
また,会社との関係上,復帰をしない場合であっても,解雇されなければ支給されたであろう賃金や,損害賠償請求ができる例があります。

不当な解雇に対しては,裁判や労働審判により解決が可能です。

当事務所では、会社との交渉、労働審判や裁判等の手続により、依頼者の方にあったベストな解決策をご提案致します。

関連記事