代表弁護士 小山好文より自らの手でサービスを創出したい

「自らの手でサービスを創出したい」という思いからアジア総合法律事務所を設立し、一般民事では加害者と比較して被害者は十分な援助が得られないという点に着目して“交通事故”を、渉外法務では比較的近年民主化したばかりの“ミャンマー”にいち早く着目して、それぞれの分野でゼロからスタートしました。

事務所設立以来、「やるからにはトップを目指そう」という姿勢で仕事を開拓し、業務に取り組み続けた結果、今日では実績も仕事量も格段に増して参りました。これからも、従来の分野でトップレベルのパフォーマンスを追求し続けることはもちろん、原点である「自らの手でサービスを創出したい」という思いを忘れずに、”法律”という分野に囚われない、柔軟な発想で様々なサービスを創出していきたいと考えています。

自分らしい仕事がしたい、面白い仕事がしたいと考えているベンチャースピリットに溢れた方には、ぴったりな職場環境だと思います。ぜひ一緒に、これからのアジア総合法律事務所を作り上げていきましょう。

アジア総合法律事務所についてもっと知る