進むビジネス環境の整備

進むビジネス環境の整備

成長著しいミャンマーに対して、日本政府も強力なバックアップを表明しています。日本の総理としては36年ぶりにミャンマー訪問を果たした安倍総理は、ミャンマーの新国家建設に官民総力をもって当たると発表。数千億円規模のODAと延滞債務の放棄を約束し、ミャンマーにおける産業インフラ整備や経済特区の開発を支援することを決定しました。

また今後、電力や道路、港湾といった産業インフラなどのハード面の整備だけでなく、法整備や人材教育などのソフト分野においても日本政府の支援によって一定の成果が出てくれば、日本企業のミャンマーへの進出環境も改善し、更に多くの日本企業による投資が加速するだろうと期待されています。

最新関連記事 一覧はこちら