日本政府による支援

日本政府による支援

特に、ミャンマー宛の累積債務問題の解消に向け、日本が主導的立場に立って、日本を含めたドイツや世界銀行などの債務整理を行い、ミャンマー宛て金融支援を取りまとめました。結果として現在、世界銀行やアジア開発銀行などによるミャンマー宛の新規ファイナンスが実施されるに至っています。

また現在日本は、産業インフラを中心に、道路、電力、鉄道、水道、港湾、空港、高速通信網、金融インフラなどの整備にODA資金を活用する形で、積極的に支援する方針を打ち出しています。