債務整理(任意整理)

債務整理(任意整理)

債務整理とは、金利をカットして元本のみを3~5年程度の分割弁済を行う交渉を貸金業者と行い、分割弁済の和解契約を締結することです。

このように債務整理(任意整理)は、毎月の返済金額が多額で返せない場合に、分割弁済の和解契約を締結することです。

債務整理(任意整理)の和解交渉は弁護士が代理人となって行います。

任意整理の際には、原則として、取引開始時にさかのぼり、利息制限法の上限金利に基づいて金利を引き下げて、引き直し計算を行います。
この引き直し計算の結果、過払金が戻ってくることもあります。

債務整理(任意整理)の場合、原則として元本のみを分割弁済する交渉を行いますので、将来の金利や遅延損害金をカットすることができる可能性が高いです。

月々の弁済金額は、収入と支出のバランスをみて、月々無理のない範囲の弁済計画を立て、貸金業者と和解の締結を目指していきます。

債務整理弁護士費用(税別)
債権者1社あたり3万円+(過払金の返済があった場合はその20%)となります。