離婚

離婚

離婚に関しては、親権や慰謝料、財産分与など決めなければならないことが数多くあります。しかし、当事者間で話し合おうとしてもお互いに感情的になってしまい、冷静に話が進められないという現実が数多くあります。
また、当事者間で話し合いをするというのは相当なストレスになり、仕事などの日常生活に支障をきたすことも珍しくありません。

弁護士を代理人に立てることで、そのようなストレスから解放される上、冷静な交渉の元、有利な条件で話し合いを進められる可能性もあります。相手方が弁護士を立ててきた場合には、一方的に交渉を進められるのを防ぐためにも弁護士は必要不可欠となります。

当事務所では、離婚に関する様々な案件を取り扱っております。お悩みの方は一度ご相談ください。

関連記事